« お客さんに浮気して頂こう | トップページ | 「平等なサービス」をしているから、お客さんが離れていくのだ!? »

「レトルトサービス」はサービスではありません

「うちの場合、具体的にどんなサービスをするとお客さんに喜んで
頂けるん でしょうね」
こういう質問を頂くことがあります。
その場合、「こういうお店があって、こんなことをやってますよ」、
「先日こんなことがあって感動しました」…
こういう事例はお話します。

ただこの元気塾のコラムもそうですが、いろんな事例を元にキーワ
ードを出 しているに過ぎません。
言ってみれば「食材」です。このままじゃ美味しくない。
レストラン、あるいは本屋さんの話しを、皆さんのお仕事や、生活
に置き換 えて調理して頂きたいと思います。

「私のお店、ケーキ屋さんに置きかえるとこうなるよね」、「私の考
えはち ょっと違うな、こう思うのだけど」、「この話しとは関係ないけ
れど、そういえばこんなことヒラメイタよ」
どんなことでもいい。
皆さん流に調理する。これが大切です。

例えば、「彼女(彼)と行く日帰りデートスポット!」、「この週末はこ
れで決まり!」…
本屋さんで雑誌を手に取るとこんな企画がイッパイです
中には「彼女をこのコースで、ここに行って、あそこ見て、最後にこ
このレストランで食事…」
こんな、全て「おまかせコース」のようなものもあります。

でも、おまかせの「レトルトデート」で、彼女は喜びますか?
これでは、カレー専門店に行って「レトルトカレー」を出されるような
もの です。
お客さんは手作りだから嬉しいのです。
「あれがイイかな、いやこれの方がイイかな、いや待てよ…」と、自
分のた めに思いっきり時間をかけてくれることが何より嬉しい。

もちろん雑誌の「おまかせコース」がダメだといっているのではあり
ません。
大切なのは、そこに少しばかりの味付けをすることです。
例えば最後のレストランが、海の見えるところであれば、夕日が沈
む時間を 選ぶとか、海がきれいに見える席を予約しておくとか…

ちょっとだけ自分流の味付けをする。
この味付けの部分がサービスなのです。

★オフィシャルサイト 顧客感動クリエーター石黒謙一の元気塾!

コラムのご意見、ご感想など楽しみにしています! cil@mvi.biglobe.ne.jp

|

« お客さんに浮気して頂こう | トップページ | 「平等なサービス」をしているから、お客さんが離れていくのだ!? »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「レトルトサービス」はサービスではありません:

« お客さんに浮気して頂こう | トップページ | 「平等なサービス」をしているから、お客さんが離れていくのだ!? »