« お客さんからの評価の傷口を広げてしまう一番の原因は。。。 | トップページ | おもしろいほど売上げがあがるシンプルな法則 »

リピーターの多い会社、店は、○○が安い

商売で大事なことは、
「どれだけ買ってもらえたか」という
売上げの数字ではありません

「どんなお客さんが買ってくれているか」です

例えば、
1日に200人お客さんが来てくれたとしたら、
大事なことは200人来てくれたことより、
その200人の「顔ぶれ」です

お客さんの数が同じ200人でも、
それが常連さんの200人と、
新しいお客さんばかりの200人では、とんでもない違いなのです

普通、お客さんは、
初めて行った店が気に入ったら「また行きたいな」と思います
そうすると、そのお店は、
だんだんとリピーターが増えてくるはずなのです

それが、
いつも、いつも顔ぶれの違う、
新規のお客さんばかりだったとしたら、
リピーターが少ない店ということです

「このお店、悪くはないけど、また行きたいとは思わないよね」
と、お気に入りリストからはずされているということです

東京ディズニーランドの強みは、約98%というリピート率
1度行けば、ほぼ全員が、また行きたくなるということです

じゃあ、なぜリピート率が高いのか?
それは時間単価が安いからです
時間単価とは、
「いくらで1時間の楽しい時間を過ごせるか」ということです

ディズニーランドの平均滞在時間は、約8時間だそうです
1デーパスポートが5800円

ディズニーランドのファンは、乗り物目当てではない
感動を買いに来ているのです

そんなファンにとって、
1時間ほんの約700円で夢のような感動が味わえる
ディズニーランドの時間単価は安い

あなたのお店の時間単価はいくらですか?
1500円のバイキング
2時間滞在してもらったら時間単価は750円
ディズニーランドと同じだけの時間単価をもらっているわけです

お客さんは料理を食べたいのではない
恋人と一緒に来ているお客さんにとっては
大好きな人との楽しい会話の時間を買いに来ている

ディズニーランドと同じくらい楽しんでもらっているでしょうか

カット1時間で4000円の美容室
時間単価は4000円
ディズニーランドの時間単価700円の約6倍の時間単価
になります

お客さんはカット技術を買いに来ているのではありません
安らぎ、癒しを買いに来ているのです

ディズニーランドの6倍もの安らぎを持って帰って
いただいていますか

ファンを増やそうと思ったら、
商品そのものではなく、
時間単価で割安感をお客さんに伝えよう
ディズニーランドに負けないくらいのサービスを目指そう

|

« お客さんからの評価の傷口を広げてしまう一番の原因は。。。 | トップページ | おもしろいほど売上げがあがるシンプルな法則 »