« リピーターの多い会社、店は、○○が安い | トップページ | 幸せの水 »

おもしろいほど売上げがあがるシンプルな法則

商品が売れるかどうか、
売上げが上がるかどうかはアプローチテクニックではない

例えば
あなたが料理を誰かに食べてもらうとしますね

「おいしかった。また食べたい!」といってもらうためには
どうしたらいいか?

相手が食べたいものを
相手が食べたいときに
相手が食べたいだけ作ってあげる

当たり前です
どれだけあなたが料理上手だったとしても、

食べたくないものを
食べたくないときに
ムリに食べさせようとしてもイヤがられるだけですよね

これは説得技術の問題ではない

商売も同じです

よく、
売上げを上げるにはどうしたらいいでしょうか?
商品をどう売り込めばいいでしょうか?

どういう呼び込み方が効果的でしょうか?
メルマガをどう活用したらいいでしょうか?。。。

というようなご相談をいただくことがあります

ただ、
「売り込み方」、「呼び込み方」というのは、
小手先のアプローチテクニックです

売り込み方、呼び込み方を変えたからといって、
買う気のないお客さんが突然、買う気になることはない

もちろん、
売り方、呼び込み方も大事
どうでもいいということではありません

ただ、
お客さんはボランティアで買い物をしてくれるわけじゃない

前提として、
その商品に興味を持っているとか、
買いたい、欲しいという状況が整っていなければ
お客さんにとっては、押し売りにしかならないわけです

●お客さんがあなたから離れていく3原則

「自分」が望んでいることを
「自分」が望んでいるときに
「自分」が望んでいるレベル(頻度、量。。。)で行動する

●お客さんをあなたのファンにするための3原則

「相手」が望んでいることを
「相手」が望んでいるときに
「相手」が望んでいるレベル(頻度、量。。。)で行動する

どんな時代でも売上げを伸ばしている会社・お店
あるいは営業マンは存在します

売上げを伸ばしている会社や人というのは、
特殊な営業テクニックを持っているからではありません
押しが強いわけでもない

3原則の中で、たった2文字違うだけ
行動の軸が、
「自分」ではなく「相手」になっているだけなんですね

あなたの行動の軸に共感が得られたとき
お客さんは、あなたの商品を喜んで買ってくれるのです

P.S.
当たり前のことを、イイカゲンにやってはいけない
当たり前のことを、極めよう

|

« リピーターの多い会社、店は、○○が安い | トップページ | 幸せの水 »