« これが心底わかる人がお客さまの心をつかむ | トップページ | まさか、「好転」の意味をカンチガイしていませんよね? »

ルールを守り続ける社員より、破ることのができる社員を育てよう

お会いする経営者、幹部の皆さんの中には、
「顧客感動」ということについて、
とっても意識が高い人がいらっしゃいます

ただ、
自分の考えを社内に浸透することが難しいと
おっしゃいます
組織が大きくなれば、なるほど、なおさらのことですね

社内に浸透させるために大切なことは

●決め事を「守る」体質を作ること

●決め事を「破る」体質を作ること

この2つです

●決め事を守る

これは、当たり前ですね

これができない職場は
いろんなルールを決め、
それをマニュアルにしたとしても

いつの間にかルールが風化して、
それぞれが自己流のやり方でやっている
ということが起きてしまう

●決め事を「破る」体質を作る

これは、どういうことか?

「決め事を守る」

これを「会社のあるべき姿」にしてしまうと

社長や上司から言われたことを、
そつなく上手くこなせばいい

というやる気のない社員がどんどん増殖していきます

「考えない集団」になってしまうわけですね

企業にお伺いをしたとき、
業務マニュアルを見せていただくことがあります

マニュアルを見ると、
その会社が活性化しているかどうかわかります

そこで見るのは、
マニュアルが分厚いかどうかではありません

そのマニュアルが「いつ」改訂されたものかです

例えば、
マニュアルの改訂が1年前だったとします

これは仕事のやり方が
1年間、全く変わっていないということです

1年間、職場の中で創意工夫が全くされていない
といえるかもしれない

一方、常に追記、変更がされているということは
常に、より良い仕事のやり方を作り出している
ということです

もちろん、
業務内容によって変わってきますが
普通、創意工夫を繰り返せば
3~6ヶ月で仕事のやり方が変わっていかないと
おかしいわけです

「どうやってマニュアルを守らせるか」
という教育は大切

でも、もっと大切なのは

「どうやってマニュアルを破らせるか」
という教育なんですね

マニュアルを「破る」というのは、
マニュアルを「無視する」こととは違います

マニュアルを破ろうと思うと、
今あるマニュアルを徹底的にやってみて、
不具合を見つけないと、破るツボがわからない

不足していること、不便なこと、
より良い方法は、
徹底的にやってみるから発見できるわけです

そういう「考える集団」を作ることを活性化という

今日から、
ルールを守り続ける社員より、
破ることのできる社員を育てることを考えよう

-----------------------------------------------

■無料レポート
 お客さまの心の導火線に火がつくサービスの法則! 
 
http://cil-kandou.com/genki/report.html

-----------------------------------------------

|

« これが心底わかる人がお客さまの心をつかむ | トップページ | まさか、「好転」の意味をカンチガイしていませんよね? »