« ルールを守り続ける社員より、破ることのができる社員を育てよう | トップページ | 職場には「イラリカットの法則」が存在するのを知っていましたか? »

まさか、「好転」の意味をカンチガイしていませんよね?

突然ですが
「好転」とは、「どのようになること」だと思いますか?

売上が増えない、お客さまが増えないという
行き詰まりを感じている人のほとんどは
「好転の意味」をカンチガイしています

好転の意味が解っていないと、
努力の方向性がズレてしまいます

努力の方向性がズレると、
努力に見合う成果が見えてこなくなる

成果が見えないと、やっていることに迷いがでてくる
目指すべき軸がブレてくると、
ますます状況が悪くなるわけです

もう一度、お聞きします

「好転」とは「どのようになること」だと思いますか?

●「好転」とは、
 業績や景気などの「状況が上向きに変わる」こと
 ではありません

 「自分(会社)が変わる」ことです

どれだけお客さまに必要な存在になったか
どれだけお客さまに「感動」していただけるようになったか
どれだけ自分のサービスセンスが高まったのか。。。

業績が上向きに変わるのは
自分(会社)が変わることで、
自分(会社)という商品力が高まって

それを見たお客さまが、
こんな人、こんな会社から商品を買いたい
と思ってくれるようになって、

その結果として、
ファンが増え、売上があがる

売上は、

●自分自身がどれだけ好転したか

その通知表のようなものなのです

業績などの状況が上向きに変わることが「好転」
と考えてしまうと

業績を好転するために
どう売り込むべきか
という思考になってしまいます

発想のスタートがズレていますので、
結果がついてこない

売り込まれたいと思っているお客さまは一人もいません

売り込みを前提に
マニュアル的な形だけのサービスをされても
うれしくありません

●好転とは、自分(会社)が変わることです

そういう発想になると、

経営者をはじめ、従業員一人、一人が
自分を高めながら
どういう振舞いをすると
その変わった自分をお客さまに感じてもらえるか

というように、「攻め込み方」ではなく
「自分の伝え方」を一所懸命、考えるようになります

「自分の伝え方」を思考の中心に置くと、
自然と「お客さまを軸」に思考が働くようになります

今、お客さまが一番、わからないことは
あなたの会社が取り扱っている商品のことではありません

商品の良さはもう十分わかった
ところで、本当にあなたのこと信用していいんですか?

というところが
一番、わからなくて困っているわけですね

そこを解決してあげないといけない

そのためには

私たち、全従業員は、
お客さまの幸せを第一に考えて仕事をしています

私たちは、お客さまに安心をお届けしています
私たちは、厳選した食材を使っています

信頼のおける検査をしております。。。
という「宣言」をすることが大事なのではなく

「あの会社はお客さまの幸せを第一に考えて仕事をしている」

ということを
信用をしてもらえる「人づくり」が大事

「宣言」は「手法を変える」に過ぎません

今、本当に変わらないといけないのは、
経営者、従業員。。。そこで働く「人」なんですね

-----------------------------------------------

■無料レポート
 お客さまの心の導火線に火がつくサービスの法則! 
 
http://cil-kandou.com/genki/report.html

-----------------------------------------------

|

« ルールを守り続ける社員より、破ることのができる社員を育てよう | トップページ | 職場には「イラリカットの法則」が存在するのを知っていましたか? »