« お客さまの関心ごとに対して10%しか共感していない | トップページ | サービス力は、「教えない教育」によって磨かれる »

顧客感動で売上げを伸ばす?

これからは売上を伸ばしていくには、
顧客感動経営が大事ですよね

という人がいます

それは、ゼンゼン違います

「顧客感動で売上げを伸ばす」
と考えている時点で、顧客感動じゃない

顧客感動の目的は、

お客さまに幸せになってもらうことです
笑顔になってもらうことです

その結果として、
売上があがるのであって目的ではない

売上を目的にして顧客感動を考えると
思考の巾が狭くなります

売上に関係ないこと、つながらないこと
手間がかかって、効率の悪いことは、やらない方がいい
という発想になってしまう

それだけではありません

売上を目的にすると
自分が行動した成果として
モノが売れたかどうかということが「一番の関心ごと」
になってしまう

サービスをした
思うように、お客さまは買ってくれなかった
そこでモチベーションが下がってしまう

こんなことやっても意味はないと思ってしまう
だから、努力が続かない

今、目の前にいるお客さまに
「笑顔になってもらおう」と思うと
行動の選択肢は広がります

選択肢が広がった
そこの部分に、お客さまの「かゆいところ」が存在する

努力が成果につながりやすい
モチベーションもあがる

今日から、
顧客感動をどう売上につなげるかという発想をやめよう

笑顔にしてあげるために、何ができるかを考えよう

「顧客感動を究める」とは、
「あり方を究める」ことなんですね

-----------------------------------------------

Kandou_logo06_2

|

« お客さまの関心ごとに対して10%しか共感していない | トップページ | サービス力は、「教えない教育」によって磨かれる »