« 言葉が、顧客感動のあり方を作っていく | トップページ | こんな商売を目指すと、もう、値段は関係なくなってくる »

「具体的に約束する」ことが感動のサービス

よく、
お客さまに喜んでいただいて、選んでもらえるために
うちにしかできないようなサービスをしていきたい

ただ、
どういうサービスをしたらよいのかわかりません

という人がいます

自分の会社・お店じゃないとできないようなサービス

そんな魔法のようなサービスを考えても、
まず、出てきません

同業者が全くいないような業界ならまだしも
ライバルがたくさんいる商売をやっていたとしたら

自分の会社・お店ができるサービスは
ライバルもできる(やっている)サービスだと
思った方がいいですね

例えば
用事があって、ある会社に電話をしたとします

即答できないようなことだった場合、
折り返し、すぐにお電話させていただきます、といいますね

また、
修理のサービスをしているお店などでは
よく、ホームページに書いています

何かお困りのことがあれば、いつでもお電話ください
すぐに伺います!

・折り返し、すぐに電話をする
・すぐに伺う

これは「素早い対応をしますよ」ということなのですが

「素早い対応」ということについては、
どこの会社・お店でも、やる気になればやれることですよね

じゃあ、どこで差がつくのか
どうしたらお客さまは感動してくださるのか?

今までの発想を変えることです

自分のところしかできないサービスをしよう
とするのではなく

どこでもやれる(やっている)サービスを
「具体的に約束する」ことです

例えば
「折り返し、すぐにお電話させていただきます」ではなく
「30分以内」に、お電話させていただきます

「すぐに伺います」ではなく
「2時間以内」に伺います

「来週までには○○○」というなら
「25日17:00までには○○○」

と、曖昧な表現を、具体的に
「○○分以内」「○○日」「○時○○分」。。。と約束する

多くの人は、具体的に約束すると
できなかったときにクレームになるとが恐いから
曖昧な表現で逃げを作ってしまいます

具体的に約束してくれる会社、お店は
お客さまは安心します

それだけでも、
お客さまの心をつかむサービスになるのです

お客さまに喜んでもらうために、今日から曖昧な表現をやめよう

「具体的に約束」しよう

■顧客満足が顧客感動に変わるサービスの法則!
 バックナンバー
 http://cil-kandou.com/genki/housoku/housoku.html

|

« 言葉が、顧客感動のあり方を作っていく | トップページ | こんな商売を目指すと、もう、値段は関係なくなってくる »